ニュースリリース

サンスタッフの最新情報をお伝えいたします。

2015年4月24日 株式会社サンスタッフ

県内中小企業の新入社員教育を受託

 (株)豊田自動織機グループ 総合人材サービスの株式会社サンスタッフ(本社:愛知県刈谷市刈谷東日成28-1、以下、サンスタッフ)は、県内中小企業18社77名(高卒42名、大卒35名)の新入社員教育を受託し、4月7日より23日までの13日間にわたり、社会人としての基礎教育と専門知識教育を実施しました。

 2010年から継続実施しているサンスタッフの新入社員教育サービスは、社会人としての心構えから安全衛生、専門科目、トヨタ流の生産方式、品質管理等を学びます。特にトヨタ流の生産の考え方を学ぶカリキュラムに力を入れていますが、他にも他社の新入社員と共に受講することで社会人としてのマナーを身につけ、グループワークを多く取り入れることで積極的に発言できる人材の育成も目指しています。

今年度の受講生からは
・「あなたのヒヤリハットは、みんなのヒヤリハット」との講師の説明から報告や展開が重要であることを納得した。
・「ルールを守らなければルールの意味が無い」との教えが実行実践できるように日々の仕事をしていきたい。
・今までは漠然としたイメージしか持っていなかったが、トヨタ系OBからの指導や経験談を間近で聞くことで、トヨタの考え方がヒシヒシと伝わった。
・まず、私が職場で最初にできることは「5S」だと思う。小さいことでもコツコツとこなしていくことが大切なので頑張っていきたい。
などの声が寄せられました。
社会人として仕事を行う知識と心構えを身につけていただいたものと感じています。明日から各企業に戻って実施されるOJTを通じ、1年後には自らが後輩の指導ができる人材となっていることを期待しています。

今後も各企業で活躍する人材が育成できるよう、教育サービス内容の向上に努めてまいります。

ウィンドウを閉じる