会社情報

サンスタッフの【2016年度】の会社情報をお伝えいたします。

17.03.24 緑化事業部が協力会社との安全衛生交流会を実施
 

3月24日に当社の緑化事業部が協力会社6社を招いて「2016年度 安全衛生交流会」を開催し、ゼロ災害を目指すことを確認しました。
第四回となる今回の交流会では、安全作業についての意見交換を実施。強風時は風速7m以上を作業中断の目安にすることで合意。また「風の強さは感覚では測りにくい。定量的な判断ができる簡易風速計を携帯している」などの事例を共有しました。

17.03.23 中部経済新聞に『ワークシェアリングが効果』が掲載
 

フルタイムで働ける人材確保が難しくなっている現在、サンスタッフは被扶養者の女性らの短時間就業ニーズを活用し、派遣人材の確保を進めている。
複数人のスケジュールを組み合わせて「フルタイム1人分」の労働力を派遣先に提供する「ワークシェアリング形態」の定着により、2017年3月期は就業者数が被扶養者、シニア共に増加した。
「近い将来に訪れる、労働力不足を見据えた方式」として取り組んでいる。と掲載されました。

17.03.14 中部経済新聞に『「現場改善アドバイザー」導入』が掲載
 

愛知銀行に、当社登録スタッフ2名(いずれも豊田自動織機OB)が派遣。『現場改善アドバイザー』として営業担当者と一緒にモノづくり企業を訪問し、取引先の悩みを聞き現場指導も実施。これにより製造現場への支援体制を整え取引先との関係強化を図り、営業担当者のモノづくりの目利き力向上も狙う考え。と掲載されました。

17.03.12 大阪府工業協会で『トヨタ流「部下育成」の実践』を実施
 

3月11日に大阪府工業協会で『トヨタ流 最近の若手社員の傾向を踏まえた「部下育成」の実践』セミナーが開催され、当社、人材育成事業部の瀧谷が講師を務めさせていただきました。
人材不足、採用難といった状況のなか、若手社員を育て戦力化するために、トヨタ流 人財育成の考え方に基づき、効果的な育成のポイントをお伝えしました。

16.12.22 冬期休業のお知らせ
 

誠に勝手ながら、12月28日(水)から1月5日(木)まで、冬期休業とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
なお1月は6~7日が営業、8~9日が休業となります。

16.10.21 中部経済新聞に「部下育成強化ゼミナール開催」が掲載
 

10月20日に西尾市が、市役所内にて部下育成強化ゼミナールを開催しました。
当社、人材育成事業部の瀧谷が「トヨタ流“管理者の役割”から学ぶ失敗しない部下育成のコツ」と題し、「人材を短期間で効率的に育成し、離職率を低下させるためには教え方の不十分さを棚に上げず、教える側が若手に合わせるしかないと、指導する側の意識改革の必要性を説明した。」と掲載されました。

16.08.05 夏期休業のお知らせ
 

誠に勝手ながら、8月13日(土)から8月21日(日)まで、夏期休業とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

16.08.01 西尾市よりゼミナール開催業務を受託
 

当社の人材育成支援サービスが、西尾市「ものづくり企業経営力強化ゼミナール開催業務」を受託しました。この事業は西尾市が主催し同市内のものづくり企業が無償で受講できます。年4回のゼミナールを計画しており、第1回が8月に「事業承継における社長の役割や計画の立て方」、第2回は10月に「トヨタ流部下育成のコツ」を予定しています。
当社のセミナーカリキュラムや運営支援が、西尾市の更なる活性化の一助となれば幸いです。

16.07.01 刈谷市公共施設連絡バスに広告掲載開始
 

刈谷市公共施設連絡バス”小垣江線”に広告掲載を開始いたしました。当社を広くお知り頂けると幸いです。

16.06.24 改善支援サービスが中小企業庁「人材育成」指定講習に認定
 

当社のものづくり改善支援サービス(以下、当社サービス)が、6月24日に「ものづくり中核人材育成事業」の指定講座となりました。これにより、当社サービスを利用して人材育成に取組む中小企業が申請・承認されることで補助対象経費の2/3の助成金が支給されます。
 2015年度に続き中小企業庁が実施するこの事業は、資格認定が与えられる講習会の受講を通じて技術・技能の継承に必要な能力を向上、習得することで、ものづくり中小企業・小規模事業者等における技術・技能の伝承を促進することを目的としています。当社サービスでは、豊富な経験を持つシニアがトレーナーとなり現場改善の支援を行うことで、企業体質の強化に貢献できる人材の育成を目指しております。
[事務局ホームページ]ものづくり中核人材育成事業(株式会社ISIDアドバンストアウトソーシング)

16.04.04 2016年度 入社式を挙行
 

4月1日にサンスタッフ本社会議室で2016年度入社式が実施され、本年度は3名の新しいメンバーが加わりました。
岡田社長より「皆さんと一緒に仕事ができる日を心待ちにしていました。これから共に仕事をするうえでお願いしたいことは次の5点。『(1)まず健康・安全に勤務してほしい。それがご両親への感謝にもなる。(2)今日からは給料をもらうプロとしての自覚を持つ。(3)社会人、特にトヨタグループの一員として言動に責任をもつ。(4)上司・先輩からの教えは素直に受け入れて早く自分のものにする。(5)一方で、新鮮な目に映る様々な疑問は率直にぶつけてほしい。』我々も毎年入社式には気持ちが改まる。今日のこの気持を忘れずに日々の業務に取り組んで下さい。」との言葉が贈られました。
その後に辞令交付があり、新入社員から「エンジンや産業車両の設計にたずさわりたい」「各事業がスムーズに推進できるように事務方としてバックアップしたい」などの決意表明がありました。新入社員は約1ヶ月の研修を経て、それぞれの所属先へ配属されます。

ウィンドウを閉じる